知識0から不動産会社に入って宅建を目指すことになった

不動産業界において宅建の占める重さがわかった

世の中バブルのころとは違い、仕事を見つけて入社するだけでも一苦労。
そんな時代に、不動産会社には入れただけでも良かったのかもしれない。
そんなことを言われたりするのだが、不動産という物を知ってはいるのと、行くところもないから入社するのとでは、大きな違いがあるもの。
それでも、仕事があるのなら、いくらかでも給料がもらえるのならと、入ってみたものの、宅建があるなしが、ここまで違うというのは、入ってみて分かった。

 

不動産業にとって、宅建は必ずしも必要とは限らない。
宅建業の免許を受けるために、ある一定数の資格保持者が必要なだけであり、経営展開に必要な資格というわけではないのだ。
だから、営業であれば、とりあえず誰でもいいのである。
特に走り周れて頭が下げられるのなら、営業の経験がなくても、資格がなくてもいい。

 

しかし、ここに勘違いが存在する。
不動産業で働いていると、書類が必ずついてくる。
その説明には宅建の資格が必要であり、独占業務といってほかの比呂がやってはならないのだ。
さらに、判をもらうこともできない。
つまり、資格がなければ入り口は作れるが、その先には行けない。
小間使いの域を出ることができない、だから辞めてしまうものも多く、募集もかかっているというのが、実情になってくるが、裏を返せば、資格を取ってしまえばいいということにもなると考え、みな目指しているものになるのだ。


ホーム サイトマップ