宅建を取得したらほかの資格とも相性が良くなる

宅建を取得したらほかの資格とも相性が良くなる

宅建を目指すにあたって、単独で勉強しているのはもったいない感じもする。
民法の取引に関しては、基礎的なことかもしれないが、かなりの時間を割いている以上、知識もそれなりに増えてきた。
そうなると、正直欲も出てくる。
これだけで、こんなに勉強しているのももったいないのではないか、そう思ってくるのである。
だからといって、何に使えるのかということを考えた時、正直知識0ではわからなかったが、不動産業に関しては、とある資格者とよく出会うことになる。
それが司法書士になる。

 

登記という物に関しては、もっとも専門であるともいえる資格であり、宅建が取引の資格であるというのなら、司法書士はそれを確定させ誰に対しても対抗できるようにする人になる。
宅建程度の民法では、正直歯が立たないし、司法書士の一分野でしかないため、まだまだ道は遠いのだが、将来まで考えるのであれば、これほどの強みはないということになる。

 

民法ということを考えれば、行政書士も範囲になる。
司法書士よりは試験の難易度も下がり、現実味を帯びてくる。
働きながらでも、目指していける位置にあり、独立することができないわけではない。
書類作成のプロフェッショナルなだけに、一緒に考えてみてもいい資格になる。


ホーム サイトマップ