時間をどう使い、実務をどう生かすかが宅建合格には必要になる

時間をどう使い、実務をどう生かすかが宅建合格には必要になる

知識が無くても、資格試験というものは受験することができるが、誰にも平等に時間だけは流れていく。
計画をして取り組んでいかなければ、気が付いたときには試験日になってしまうことも珍しくはない。
宅建の場合、試験日は年1回、10月の第3日曜日になっている。
これは何かしらアクシデントがあれば、変更される可能性もあるが、ほぼ間違いない日にちになってくる。
過去に、東北地方太平洋沖地震の時には、国家資格の試験のうちいくつかが変更になったりしたことがあるため、絶対とは言い切れない。

 

試験の直前あたりには、すでに完成形になっていなければ勝負にならないということを考えれば、2か月前には知識を蓄える段階を終わらせておく必要がある。
となれば、1年で考えた場合には、10か月は基礎を身につけ、応用的に考えられる時間が存在する。
これをどうやって仕事と両立しながら身に着けていくか、それが問題になる。
不動産業界に勤務している以上、常に生きた素材が目の前にあり、自分で書類の説明や捺印を求められないとしても、取引は常に見える。
これを生かさなければ意味がなく、最大のアドバンテージになってくるものなのだ。

 

宅建を含め資格試験を考えた時に、自分の中にあるアドバンテージをどう生かすか。
それが最大の勝負につながってくる。


ホーム サイトマップ