宅建を受験するための試験勉強と時間の関係

宅建を受験するための試験勉強と時間の関係

試験の知識もなく、受験をしようというのは、なんでも可能性がありやしない。
これは、高校や大学の受験だってそうだし、普段からやっていることであっても、勉強ということとは差異があるからでもある。
不動産業界にいるからといって、宅建に合格できるわけでもないというのが、これに当たる。

 

試験勉強ということは、逆に言えば実務知識が乏しくても、正確な方向性だけ見えてくれば合格することは難しくない。
そして、試験には必ずテクニックが存在する。
それは、出題者という存在があり、その存在に対して合わせていくことができるのであれば、出題は怖くない。
それを知らないということは、合格には程遠い存在になってしまうのである。
だから、知識のない人間は、スクールなどに通うことを考える。
目の前で教わることにより、教科書などを読むだけよりも効率的に進められるからだ。

 

だが、仕事をしていて、そういったことができる人間はごくわずかだ。
不動産業界ともなれば、土曜日、日曜日は稼ぎ時であるのは自明の理。
空いている時間をうまく使うことができなければ、合格することは難しい。
通信教育を選び、受験を考えていく人間が多いのは、そういった背景が存在するのである。


ホーム サイトマップ